アトピーに悩まされている方は、プラセンタ(紫河車という名前で、漢方薬としても使われていたそうです)を摂取してみるのも良いかもしれません。 プラセンタには、炎症を抑制する働きがあり、これがアトピーに有効だといわれています。 最近では、医療機関でもアトピーの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)にプラセンタを使用することがあるくらい効果が見込めるだといえるはずです。 病院では少ないですが、美容整形外科では積極的にアトピーの治療に使用しています。 健康保険(全国健康保険協会には、出産費貸付制度や健康診断費用の一部補助などもあります)の適用がなく、全額自己負担なんですが、1回の治療で2000円程度なのでそこまで高くはありません。 そのため、なかなかアトピーが治らないという場合は、プラセンタを使った治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を受けてみるのも良いでしょう。 ただ、あまりにもアトピーが酷い状態でプラセンタ(サプリメント、ドリンク、化粧品、ゼリー、育毛剤、医薬品と色々な商品が開発されています)を使用した治療を受けると、症状が悪化してしまう可能性もあります。 もし、プラセンタ(サプリメント、ドリンク、化粧品、ゼリー、育毛剤、医薬品と色々な商品が開発されています)でアトピーを治したい場合は、まずは皮膚科の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を受けて炎症を抑えからにしてください。 その方が安全にきれいにアトピーを治すことができるはずですー